メンテナンス=オーバーホール

カナルクラブの推奨する理想的なメンテナンスサイクルを実現するにはリューズ(クロノグラフもボタンも ですが)を守ることが第一の条件になります。他の高額部品と違い、お客様のちょっとした注意で可能に なります。

リューズの壊れる3つ原因

@ネジ込み式リューズを強く絞め過ぎることによるネジ山の破損
Aネジ込み式リューズを間違った角度で締めた事によるネジ山の潰れ
Bサビに強いステンレス製リューズでも腐食する ☆最重要

この3つのことを知ることは、オーバーホール料金を低く抑える第一条件になります。
では、リューズを守る方法をレクチャーいたします。

ロレックスやオメガシーマスター等の高い防水性の時計に多く見られる「ネジ込み式リューズ」は、文字
通りリューズ内側にネジ山があり、それを締めることでロックする構造になっています。強く締めすぎる事でネジ山が破損する場合は少なくありません。防ぐ方法は「きちんと締める。そしてそれ以上締めない」これだけです。きちんと締まっていれば、後はリューズ内部にあるゴムパッキンが水の浸入を防いでくれます。

 

ネジ込み式リューズの構造を知ろう

ネジ込み式リューズは、図1の様な構造になっており、
実はネジによるロックで防水性を保っているのでは
無く、内部パッキンによって最終的に高い防水性を
実現しています。強く締めすぎるとゴム製の内部パッ
キンの潰れの原因にもなります。それなので、リューズネジ込みは、必要最低限でいいのです。強く締めすぎずネジ山と内部パッキンを守る心掛けが大切です。

 


ネジ込み式リューズは、チューブと言う時計側に付いているパーツにネジでロックする構造になっています。 リューズ・チューブのネジ溝は、とても小さく繊細に作られております。間違った角度でも締めることがで きますが、 確実にネジ山を傷めます。 リューズを締める際、少しでも引っ掛かり等の「違和感」を感じたら無理せずやり直してください。 因みに、新品でご購入から10年位までの時計でリューズが破損している場合は、この原因が一番多いです。 

 


リューズ・チューブの材質であるステンレスと汗の相性の悪さについて書きます。
ステンレスは空気に触れているときは、表面に酸化被膜ができ、腐食しません。
しかし、汗に含まれる脂分が付着するとステンレス表面が空気と遮断されるため酸化被膜ができなくなり、
腐食します。その化学変化は、夏の汗や汚れによりリューズの内側、クロノグラフのボタンの内側などでたとえ気づかなくても確実に起こります。

汗の量が多い方、あるいは夏のご使用頻度の多い方は注意が必要です。オーバーホール時にはリューズやボ
タンの内側も洗浄するので脂分は除去されます。脂分が除去されたステンレスは、表面に酸化被膜ができ、再び腐食しない金属に戻ります。この状態に一時的にでも戻すことが、ステンレス製のリューズやボタンを長持ちさせます。これがメンテナンス=オーバーホールは(3年から4年がベストですが)最低でも5年までのオーバーホールを
お薦めするふたつの理由のうちのひとつです。

図でわかるように、水色の部分まで、水や汗は侵入しますが、リューズの一番上の位置にあるゴムパッキンにより、時計内に水が浸入するのを防ぎます。
これでわかるのは、ゴムパッキンが劣化すると時計内に水分が侵入することと、リューズ内側に汗の脂分が残るということです。

 

ゴムパッキンは気づかないうちに劣化します。ゴムパッキンが有効なのは最大で5年までと言われています。
ゴムパッキンが劣化すると時計を水につけなくても、汗が内部に入ります。これで内部部品にサビが出てしまいます。ですので、定期メンテナンス=オーバーホールは3年から4年、遅くても5年までになさることをお薦めします。

カナルクラブの意見として書かせていただきますが、内部部品に注してある油の劣化より、ゴムパッキン
の劣化の方が危険です。

 

 

<<CANAL CLUBのポリシーに戻る

 

営業日カレンダー

Copyright c kaneko&Co. All Rights Reserved.